Our bees wax

八八のミツロウ

ミツロウについて

ミツロウとは?

ミツロウは、ミツバチ達が作る巣の元です。蜂蜜を食べた若い働きバチは腹部にある「ロウ線」という場所で脂質であるロウを生成して育児や蜂蜜を貯めるための巣を作ります。

ミツバチは、蜂蜜が充分に貯まり水分をしっかりと飛ばすとミツロウで巣房に蓋をします。(これを、養蜂家は「蜜蓋」みつぶた)と呼んでいます。ただ、蜂蜜を搾るときには蜜蓋を削らなければ蜂蜜が採れないので、ナイフでこそげ取ってから搾ります。

八八では、この「蜜蓋」を精製し製品化しております。ミツロウはミツバチが食べた蜂蜜の10分の1しか採れないので、大変貴重なものなのです。

ミツロウの使われ方、使い方

ミツロウは、昔からキャンドルや塗り薬、化粧品の材料として親しまれてきました。

また、現在はフランス菓子のカヌレや環境に優しいミツロウラップ、キャンプやDIY用品・木工品・革製品・鉄製品の仕上げ材として使用されています。

保湿力も高く、ハンドクリームやヘアバーム、リップクリームなどに使用されることもしばしば...

ミツロウは60℃で溶けるため、ミツロウ用に使用しても良い鍋が1つあればどなたでも簡単に加工品を作ることが出来ます。ホホバオイルやアルガンオイル、アロマオイルなどを使用して自分オリジナルの固さ・配合のクリームやバームを作るのもおすすめです。

ミツロウラップとは

養蜂家が生成した国産の天然ミツロウ、天然樹脂、ホホバオイル、オーガニックコットンのみで作った繰り返し使えるエコなラップです。

ミツロウラップの使い方

プラスチックラップの代わりとしてお使いいただけます。ミツロウは抗菌作用があるため食品の鮮度が長く保たれます。野菜、おにぎり、チーズ、パン、アウトドアの容器やピクニックのカトラリー入れにもご利用いただけます。冷蔵庫の野菜ストッカーとしてもご利用いただけますので様々な使い方をお試しください。

写真のようにキャベツや人参などの保存で使用すると、断面が黒くなりにくくなったり、水分が保持されるのでプラスチックラップよりもおすすめです。

使用上の注意

熱で溶けるため電子レンジ・熱湯殺菌など加熱をしないでください。

熱いものは冷ましてからご利用ください。

生肉、生魚、酸の多い食品(レモンや梅干しなど)、油分が多いものにはお使いいただけません。

※蜂蜜アレルギーの方や1歳未満の乳児はご利用にならないで下さい。

お手入れ方法

水やぬるま湯で洗い、よく乾かしてください。

※洗剤を使う場合は中性洗剤をご利用ください。

長期間使用して布がクタッとなって来た際は、クッキングシートではさみアイロンでじんわりとミツロウを浸透させてください。作りたてのような綺麗な状態になります。

ミツロウラップの作り方(キット)

下準備

ミツロウチップ10粒位は取っておく

①アイロン台にクッキングシート、コットン、ミツロウチップ、クッキングシートの順に置く

②アイロンを上から当てミツロウを溶かし生地にまんべんなく染み込ませる

※途中クッキングシートをめくってみて、ミツロウが浸透していないところに下準備で取っておいたミツロウチップを置いて、染みこませる

③洗濯ばさみなどに挟んで3分程冷ます